栗原心愛ちゃん虐待死事件 判決について

YouTubeに自分が感じたことをアップしましたが

虐待死事件に対しての認識が裁判所はもちろん

検察 マスコミ は大変甘いんだなあと再認識しました

マスコミに関しては裁判所にたくさん報道の方々が来ていました

テレビも来ていて傍聴希望者にインタビューなどもしていましたが

報道するのは虐待をなくそうとか少なくしたいとか

そんな気持ちじゃなくあくまで視聴率を取るために

来ているような印象を現場で受けました

裁判所はさすがに13年にしたらバッシングを受けるので

3年プラスでいいかなみたいな感じだと思います

動画にも出しましたが裁判所は前回の類似事件の判例を上回ることを

凄く嫌がる傾向があります

大幅に上回る判決を出すと裁判官の出世に影響するからです

検察も真剣に虐待死に向き合う気持ちであれば傷害致死ではなく殺人で

起訴するべきです 日本から児童の虐待死事件がなくならないのは

この裁判所 検察 マスコミ の責任が大きと思います

国民は自身に影響があることになると過敏に反応します

消費税や新型コロナウイルスなどがそうでしょう

虐待死を自身と関係ないと思っている国民が多い国からは

事件は減らないでしょう しかしコロナウイルスが身近な事柄に

なると連日マスコミは報道します

もし虐待死事件が発生した場合隣近所はある程度の責任を負い罰則を受けるとなれば

どうでしょうか?もっともっと真剣に向き合うのではないでしょうか?

わたしはそうすべきだと思っています 




0コメント

  • 1000 / 1000

虐待から子供を守る党~藤本羽月ちゃんを忘れないで

藤本羽月ちゃんの死を無駄にしない為に たった1人の勝手に作った党です しかし虐待問題を取り上げない大政党よりマシです 藤本羽月ちゃんの写真を見て絶対に虐待を許せないと思いました 藤本羽月ちゃんの事件を拡散したい 風化させたくない 刑務所から出てくる藤本綾香と大河原優樹に再犯させないようにする為 繁華街娯楽施設の虐待防止広告義務付け県内児相情報公開等訴えたいから 11月の市議選挙に出ます